「水溜りボンド」のコンビ名の由来や意味は?








はい、どうもー!

カンタさん&トミーさんの二人組YouTuberの『水溜りボンド』ですが、このコンビ名(チャンネル名)の由来や意味はご存知でしょうか?

今回は『水溜りボンド』のコンビ名の由来や意味についてご紹介いたします^^

『水溜りボンド』結成まで

カンタさんとトミーさんは、もともと大学のお笑いサークルで同期生として出会いました。

カンタさんからトミーさんの第一印象は

キャンタ君
「やべえ奴がいる」

というもので、あまり自分の存在をトミーさんに気づかれないようにしようと、密かに思ったそうです。

 

一方、トミーさんからカンタさんの印象は

ぽみぃー
「自分とは正反対な性格なのに、話が合うのが不思議」

というものでした。

 

カンタさんとトミーさんは、最初からコンビを組んでいたわけではありません。同期生が少ないなか、お互いに別々の人とコンビを組んでいたのです。

コンビを組んでいなかった時期にも、二人でよく遊んだり話したりする仲だったとよく語られます。別のコンビという関係性だったからこそ、話せることも多かったようです。

 

しかし、色々あって結局カンタさんとトミーさんがコンビを組むことに。(大学1年生の冬くらい)

それで決めたコンビ名が『水溜りボンド』で、それがそのままYouTubeのチャンネル名としても使用されています。

 

管理人
カンタさんとトミーさんの出会いに感謝!!!

『水溜りボンド』のコンビ名の由来

では、『水溜りボンド』というコンビ名はどのようにして決まったのでしょうか?
 

ピエロさま
正直、ぜんぜん意味のわからない名前ですよね 笑
 
実は、 お互いが好きな単語を1つずつ出し合って、それを合体させたものなのです。

 

ライブに出るためにコンビ名が必要となり、「お互いの好きな単語を同じ日の同じ時間にラインを送り合う」という約束したふたり。

時間になったときに、トミーさんがいくつか候補の単語をカンタさんに送ったなかに「水溜り」が入っていました。
 
一方、時間になっても単語を送らなかったカンタさん。

カンタさんが、トミーさんの候補のなかから「水溜り」をチョイスして、自分で「ボンド」という単語を組み合わせることに決めたそうです。
 
『水溜りボンド』とコンビ名を決定したのは、カンタさんでした!

『水溜りボンド』のコンビ名の意味

それぞれの好きな単語を組み合わせた 『水溜りボンド』というコンビ名自体には、実は「意味はない」のです。
 
ただし、カンタさんには”「ん」と「濁点」の入っている言葉は面白い”という理論があるので 『みずたまり・ぼんど』という響きの面白さにはこだわりがあると思われます。
 
そして、後付けではあるのですが「ボンド」には一般的な「接着材・くっつける」という意味の他に「絆」という意味もあります。
 
ふたりの仲の良さをネタにするようなときには

ぽみぃー
「水溜りボンドの”ボンド”は”絆”って意味で、カンタがつけた」

とか

ぽみぃー
「こいつ、コンビ名に”絆”って入れちゃうくらいアツいところがあって…」

というイジりをトミーさんがすることもあります。

 

まとめ

・「水溜りボンド」は、大学生のお笑いサークル時代のコンビ名としてつけた
 
・「水溜りボンド」は、トミーさんとカンタさんの好きな単語を組み合わせたもの
 
・「水溜り」はトミーさん案、「ボンド」はカンタさん案
 
・「水溜りボンド」というコンビ名には、特に意味はない
 
・「ボンド=絆」という後付けの意味がネタにされることあり

 

 
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

また、あした^^